産後の尿もれトラブルでお困りの方へ

神戸市垂水区で産後の尿もれトラブルにお困りなら骨盤ケアを専門とする「神戸垂水整体院」にお任せください。

JR垂水駅前商店街にあり、土日も受付しております。完全予約制で1組ずつのご案内となり、お子さま連れの場合も安心してご来院して頂けます。

今、このような症状でお悩みでないですか?

☑ 咳やくしゃみで尿がもれる
☑ 子供を抱っこした時に尿がもれた
☑ 尿意がなくても尿が出てしまう
☑ トイレに行けど間に合わずもれてしまった
☑ 下腹部がポッコリしている
☑ 便秘がちだ
☑ 反り腰

・・・など、

もし1つでも当てはまるならご相談下さい。

産後の尿もれの原因、それは骨盤底筋の機能低下です。

妊娠・出産を終えた骨盤底筋は大きなダメージを受けています。

①妊娠中から胎児の重みで持続的な負荷がかかっております。

②さらに胎児が通過する分娩の際には、大きく伸ばされ損傷を受けます。  

2つの理由から、経腟分娩・帝王切開と出産方法に関わらず、出産を終えたら積極的に、骨盤ケアと合わせた骨盤底筋トレーニングは必須です。

何もせずに放置していると機能が十分に発揮できなくなり、後に尿もれや子宮脱などのトラブルを引き起こすリスクが高くなります。

ここでは「尿もれと骨盤底筋の関係」についてお伝えしますね。

骨盤底筋(こつばんていきん)とは

骨盤底筋とは、骨盤の「底」にある筋肉でハンモックのような形をしています。

薄い筋肉が重なり合っていることから骨盤底筋群とも呼ばれます。

※9つの薄い筋肉の集まりです。

骨盤底筋の主な役割は3つ

①腸や子宮、膀胱などの臓器を支える

②排尿や排便をコントロールする

③体幹を安定させる

そのため「強さ」「柔軟さ」の両方を求められる筋肉です。

女性は妊娠・出産に対応できるように男性よりも骨盤が広く浅い形をしていて、さらに骨盤底筋群には尿道・膣口・肛門と3つの穴が開いています。日常から骨盤低筋にかかる負担は男性よりも増す傾向にあります。

骨盤底筋が弱ると尿もれする理由

骨盤底筋が弱くなると、腸や子宮、膀胱などの臓器が下がってきます。

骨盤内の臓器の一番下にある膀胱が押された状態になります。

咳、くしゃみでお腹に少しの力がかかってしまうだけで

膀胱が圧迫されて尿もれがおこるというわけです。

その他、姿勢の安定させる重要役割もある骨盤底筋。

ポッコリお腹、ボディラインの崩れの原因にもなっています。

骨盤底筋を弱らせる1番の原因は「妊娠・出産」

妊娠・出産は骨盤底筋に直接的なダメージを与えます。骨盤底筋を弱らせる1番の引き金になります。

ただでさえ年齢、運動不足、肥満、姿勢など、日々の生活で弱っていくのが骨盤底筋。

“わたしは大丈夫”と放置することは、高齢になって尿もれ、臓器脱のリスクを高めます。

尿もれリスクチェック

□ 出産回数が多い人
□ 高齢出産
□ 吸引・鉗子分娩で出産
□ 難産だった人
□ 切迫安静入院した人
□ 不良姿勢(猫背・反り腰)
□ 運動不足
□ 肥満
□ 便秘がち

これら1つでも当てはまるのであれば、出産後は十分な正しいケアが必要でしょう。

骨盤底筋トレーニングは自己流で済ますべからず。

骨盤底筋トレーニングのポイントは、正しい骨盤の位置をつくりあげてからの呼吸をもちいた複合運動です。

当院に尿もれのお悩みに来られた方から耳にするのは「骨盤底筋のトレーニング、何もやらないよりはマシかなと思ってYouTubeで見よう見まねで取り組んでいました。」という声が多く

その方たちに実際に骨盤底筋トレーニングをやってもらうと、産後特有の姿勢の崩れ(反り腰)が原因で十分に骨盤底筋を動かせておらず効果が出せていません。

みなさん、意外と自分のモノにできていないのが現状です。

姿勢セルフチェック★壁に背をつけて立ってみよう!

□ 反り腰・・・腰と壁のすき間が手のヒラ1枚以上。

□ 猫背・・・頭や肩が、壁から離れている。

□ その他・・・スタイルの特徴として、下腹部ぽっこり、お尻が大きく、太もも前方の筋肉が発達している。

もし一つでも当てはまるなら、骨盤底筋は明らかに機能低下しているし、トレーニングも上手いこと出来ていない可能性が高いです。

お客さまから喜びの声【Googleに寄せられた口コミより】

<<上記より一部抜粋>>正しい姿勢のアドバイスや骨盤底筋の鍛え方のレクチャーも分かりやすくて良かったです。

3人出産しましたが、1人目出産前のベスト体重までほぼ戻りました(*^▽^*)

【まとめ】産後の尿もれは、骨盤ケア専門の神戸垂水整体院へお任せください。

今回は産後の尿もれトラブル、その原因となる骨盤底筋のお話でした。

痛みがない尿もれは“いずれよくなるかな”と放置されがちです。

今回、骨盤底筋は妊娠・出産で直接的な大きなダメージを受けていることや、それ以前から姿勢が悪かった方は、骨盤底筋が使えていないので弱くもあり、柔軟性に乏しい状態です。

骨盤底筋のケア不足は、年を重ねていくと明確に表れやすく、尿もれはもとより内臓脱などひじょうに深刻な問題となります。

この出産の期に、しっかり骨盤ケアと合わせた骨盤底筋トレーニングを習得して今後に備えましょう。

・骨盤ケア×骨盤底筋群トレーニングから得られる主なメリット

① 尿もれ、便秘の改善
② ぽっこりお腹、スタイルUP
③ 産後のダメージ回復

当院では、骨盤ゆがみケア中心とした全身調整と合わせて、骨盤底筋のトレーニングに力を入れています。

やさしく、わかりやく、丁寧にご指導しますので、はじめての方や、運動が苦手な方も、安心してご来院ください。

では、産後の尿もれトラブルでお困りなら骨盤ケア専門、垂水駅前1分、駅前商店街にある神戸垂水整体院にご相談ください。

関連する ブログ

-MENU-