突然、口が開かない。話す、食べるに支障が!!

【来院前の悩み:顎関節症】

【神戸市垂水区 K.I様 34才 会社員】 

突然口が開かなくなり、お世話になりました。

話すことにも支障が出ており、スプーン幅も口が開きませんでしたが、姿勢、首のストレッチ、寝方のアドバスをいただき通院5回目には、ほぼ元の状態に戻りました。

来院しての治療だけでなく、日頃自分で意識した方が良いことを教えてくださるので、これからも定期的に通いメンテナンスしていただきたいと思っております。

引き続き、よろしくお願い致します。

※個人の感想であり、効果効能を保証するものではありません 。

院長 イケちゃん

K.I様、ご感想ありがとうございます。ご予約のお電話の「か細い声」。大変さが伝わってきました。口が開けられなければ、食べられないことはイメージする方は多いですが、喋れないということも起ります。腹話術を習得しておけばと思う瞬間ですね。元通りに、口が開くようになって良かったです!毎度、施術時には楽しいお話を聞かせてくれて、ありがとうございます。これからも宜しくお願いします。

解決ポイント

顎関節症の原因は「不良姿勢」が9割を占めます。最初、歯科へ足を運びマウスピースを勧められるも、根本解決にならないとご自身も気づき当院へご連絡下さいました。K.I様を姿勢検査をすると、猫背 + 頭を前に突き出したストレートネック。首から顎を支える筋肉群に大きな緊張が生じている状態です。つまり、顎関節の痛みは不良姿勢が原因ですから、マウスピースは気休めにしかなりません。当院では、顎関節と猫背矯正をすることで早期改善と再発防止を同時にします。初回から変化を感じて頂けます。もし、顎関節症でお困りなら神戸垂水整体院へご相談ください。

関連する ブログ

-MENU-